読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言霊というものが世の中の言葉にはあるのだから、だから何度だって言うのだよ。





もう何度、このことを言っているのかは隅っこの方に置いといて。


去年の5月28日のMUSIC JAPANの収録を、私は忘れないと思う。


収録後の放送では分けられてしまっていたけれど、あの日、私の齧りまくっている「音楽」というものの中でも「特に齧っている」ひとたちのうちの2組が、同じ番組の収録に参加していた。
松戸、行きたかったよ。なんで月曜日だったのかな。水曜日なら行ってたよ。

…と、愚痴はここまでにしておいて。



もともと、AAAのメンバーの末吉秀太さんとジャニーズWESTのメンバーの神山智洋さんは「似ている」とネット上で言われることが度々あった。

最初は、髪色の変え方とクロムハーツのピアスからだったと思う。それが、それぞれが画面に映る機会が増えたことで、「秀太と神ちゃん、似てるね」になったような気がする。


…というわけで、この2組の全メンバーを1人ずつ組み合わせていったらどうなるのか、と、ふと思い、勝手にメンバーを組み合わせて勝手に想像を膨らませたら止まらなくなってしまったので、いつかきっと共演した時のために、それぞれのメンバーカラーも紹介しながら、想像の暴走を文字に残しておこうと思う(アホみたいな記事だというのは自覚済みである)。


なお、途中、曲の表記も出てくるが、ここではAAAの曲のみを載せている。



目線とか佇まいとか、最年長コンビなのもあるけれど、この2人はいじられた時の受け止め方も似てる。そして余韻が残るタイプの歌声だと思うから、champagne goldでその甘い余韻をべろべろになるまで酔いたいし(パラパラは頑張れ)、Miss youみたいなバラードをグサッと歌ってほしい。

神山智洋(緑)×末吉秀太(桃(黒))
手や首の使い方とか、衣装のカタチやそもそもの体型が似ていると思うから、ゴリゴリのダンスバトルとか、2人のシンクロダンスをしてほしい。そんな2人が歌うなら、ミカンセイみたいなミディアムテンポの曲か、ライブでオーディエンスを煽りながら完全に振り切れてる状態のPARTY IT UPを希望。

この2人は、メンバーカラーもだけど、笑い方や声のトーン、ファッションを含めたスタイルやオーラに同じ雰囲気があると思う。どこにいても溢れ出るオーラにみんな溺れるんだ。そんな2人にZEROとかI'll be thereとかを触らせたら、色気だだ漏れで火災レベル。嬉しい火災だから消さないけど。

声も甘めだしかっこいいしかわいいし、プロフェッショナル。でもこの2人には、それだけじゃなくて、メンバーにちょっかいをかけたりイタズラしたり…そんなところがまた良いんだ。この2人にはSHOW TIMEとかNext stageをセンターに君臨して歌ってほしい。メッセージ性の強い曲だからこそあの笑顔が似合う。

この2人は、「e」を出す時の、声の伸び方というか出し方が同じなんじゃないかなって思ってる。曲のメロを引っ張ることが多いと思うから、Metamorphoseの「Try to get my shining day」のあの高音キーを一緒に出して欲しいし、メロとハモがコロコロ変わるHORIZONで2人が微笑んでくれてたらそれだけで泣ける。

◯濵田崇裕(紫)×日高光啓(黄)
見えないところのオス感というか、いろんな爪を隠してると思う組み合わせ。くそっ、かっこいいしか出てこんやないかい。そして、Still Love You と Hide-away のラップはこの2人しか浮かばない。STYの「行き場のない想いは舞う、この空に」とHdawの「At last I find you」はこの2人を抜いてくれ。スイッチが入った状態の黒衣装で後列から前列センターに君臨されたら鳥肌モノ。

小瀧望(桃)×伊藤千晃(赤)
身長差30cm以上の時点で可愛いしグループのマスコット的な存在なところも魅力的。笑顔が似合う2人には、MIRAGEみたいな妖艶でギャップのある曲で会場の空気を変えて皆を魅了して欲しいし、Jamboree!!みたいなわちゃわちゃな楽しい曲のときには、あの笑顔で わーって会場を駆け回ってくれたからにはイチコロだ。



…と、想像が妄想に変わって暴走して もはや願望に落ち着いたが、いつかこの2組が同じ画面に映ることを私は心から願っているし、そのときには皆が笑っていられるといいなと、私は思う。






ノシ







もう全部バレてしまってるんだもの、懐古して愛でまくっても、ええじゃないか。




彼らの10年は一体どんなものだったのか。思えばもう去年になってしまったソレをもう一度追いかけてみようと、mu-moサイトを開いてクリックしたのが今年の初めの頃。
それらが家に届いて、とりあえず、「AAA 10th Anniversary TOUR 〜ATTACK ALL AROUND〜 in BUDOUKAN」からディスクを入れた。
行きたかったツアーオーラスの東京・武道館公演が、そこにはあった。


このツアーでは、ありがたいことに、名古屋公演の2日間を入らせてもらえた。

初日はスタンド1列目。2日目は立ち見。会場はセンターステージでの構成で、ある意味、この2日間はいろんな観点からステージを観られたなあと思う。


そんな感情から派生して、DVDを見ながら懐古して文字をパパッと書いていってしまっていたので、今回はそれらを備忘録として残しておこうと思う。


なお、今回はかなり長いので、興味がない方はこの時点で戻るボタンを押すべきである。









1.Overture〜Next stage
1曲目にこの曲が来ると誰が思ったか。オール黒衣装がかっこよすぎる。しかも両日とも目の前には千晃。叫ぶ。とりあえず叫ぶ。スタンド1列目(以下スタ1)の時は炎が近かったから熱気もやばかった。あと、秀太が刈り上げてグラサンかけて完全にぎらついてて、とにかくカッコいい。マジ神ちゃん。西島&秀太(西末)のラストサビの手の部分はこの2人だからこそカタチになる。かみしげかお前ら。
とにもかくにも全員かっこいい。

2.Heart and soul
まさかのハーソウ。しかもフル。みんなまだ髪明るめでパーマもよくしてた時代。てかこれ歌ってた時はまだ紅白前だよ。恋音なんて知らなかったよ。やっぱりこの曲は秀太&與(あた末)のハモが本当かっこいい。当時は少し不安定だった千晃の声が安定したからこそ「今ならこんな自分も少しは好きになれる気がする」という詞が刺さる。
そして2番のAメロ秀太&宇野(秀みさ)と與&千晃(しんちあ)のカップルシーンでは目の前にしんちあがいて、ほんまにカップルみたいで可愛かった。しんちあの空気感、大好き。

3.Love Is In Air
完全にこの曲は忘れられてると思ってた。爽やかで大好きな曲。ハーソウからの疾走感が爽やかになって、メンバーみんな笑顔になるの。にっしーのハニカミ王子復活。だっちゃんの「ドツボの恋煩い」が大好きすぎる。しかもそこに西末のダンスあって、そのシンクロ率ね。
あと、おーおーえおー!ってみんなでC&Rできるのもよい。スタ1の時はラストが日高&千晃(だっちゃき)が目の前でわちゃわちゃして可愛すぎてやばかった。

4.Getチュー!
アリトロに先に千晃を乗せるレディーファーストのだっちゃんに、たぶん北スタンド全体的に悶えてた。サビのフリをやってるだっちゃんがほんとかわいかった。360度だから映像が上も下もあって両日とも視線に迷う。しかも映像の加工もかわいい。秀みさが肩組んだの目の前で見たよ!!下でスタッフさんが方向を確認しながら4人がかりで一生懸命アリトロを動かしてて感謝しかない。

5.Lil' Infinity
サンドアートの時点で来るかと思ってたんだけど、サンドアートのストーリーが詞に繋がってて、そういうことかって。そしてサンドアートも素敵。そしたらサスもペンラも一面桜色でかわいかったし、登場した7人のデニム衣装も爽やかでとても好き。千晃のエクステも宇野ちゃんのアップもかわいい。とにかく桜色のかわいいが溢れてる。ってほわーっとなったら天井に星が現れて、ここは絶対に立ち見の独占権。上から見た ななつぼし、とても良かった。

6.恋音と雨空
にっしーの歌い始めの「スッ」って息を吸う音をとりあえず聞いてから叫ぶお客さんが好きだよ。名古屋では両日 誰かが歌詞飛んじゃう難曲だったなあ。MVイメージのメリーゴーラウンドは動線が電球になってて、センステだから本当にメリーゴーラウンドに見えた。西島&浦田(西浦)と女子メンが段差違いだったのは、MVのイメージもあるのかなあと。あと秀太のピタって止まる動きと「好きという事実通り過ぎて 今ではもう愛してる」を目の前でやられて死んだ。

7.miss you
幸せにさせといて恋音と一緒にこう来るのか!と。西浦の高音がとても染み渡る曲。しかも1番はかなりシンプルな音を使ってるじゃないか!!ちなみに私は恋音よりみすゆー派だ!!
男メンがメインでペアも安定で歌うからこそ、この曲は儚く感じる。秀みさのわかりきってるフェイクアレンジに聴き惚れる。そして、たぶんここでのだっちゃんの詞はある意味で傍観者で、それがさらに寂しくさせる曲なんだと改めて思った。一面のペンラの白が真っ白な雪だった。

8.LOVER
名古屋で聴けなかったけど、OPも曲中も秀太がかわいい。とにかく秀太がかわいい。あなたは最近ライブ中によく笑うようになったね、婆ちゃんはとっても嬉しいよ。
そして、だっちゃんがサビ歌ってるのは珍しいからありがたい。
あと、與さんに英語パート与えた人、神。あの甘顔低音ボイスで「Your all my LOVER」とか神だろ。それに合わせてにっしーがところどころハニカむのもかわいい。西島&與(にしあた)を一緒に抜くカメラさんもさすがすぎる。

9.Break down
ぶれだーん!懐かしくもなんともないさ!現役さ!とりえーには西島宇野浦田メインの時代だってあったんだ。そこもちゃんと受け止めてるし私はその頃からのファンだ!!とペンラ振りながら心の中で叫ぶ。でも最初フロントに4人持ってくるから泣ける構図である。そして、ダンスもA のスペースをうまく使ってると思った。この頃はバチバチで、それもそれでかっこよかったんだよ…

10.MIRAGE
私はこの曲を女子メンの勝負曲だと思ってる。なぜなら、ゆかりんが抜けてから初めてのマキシじゃないシングルでかなり女性的で妖しい曲を突入させてきたから。それまでって、宇野ちゃんが強め、千晃がキュート、ゆかりんが妖艶担当なところがあったから。あれから7年経ったら色気がマジハンパねーぜ。煌めきの〜真司郎〜って言ってた時代が懐かしい。てか、あれからもう7年か…

11.Charge&Go!
小室哲哉プロデュース時代が5年前…マジかよ。スタ1では目の前でらぶらぶが見えてAメロ始まる前に死亡。オトナな宇野&與(宇野真)とかわいい秀太&千晃(秀ちあ)に邪魔する3人もかわいい。そして、にしあたの関係性は しげりゅせだと悟った瞬間。にっしーの與さんに対する感じ、まんましげりゅせ。にしあたかわいい。ていうか西島さん、あなたいつ上着脱いだの。「空振り三振かホームラン」って伝える、だっちゃんらしい詞も好き。

12.Winter lander!!
ペンラの自由が効いて、天井から見たライトは綺麗にバラバラになってて、ありがとうって勝手に思ってた。「きっすしーようわんだぁーらぁーんど」からのサビのフリはスタンドだろうと立ち見だろうと全力です。ウエーブは両日とも宇野ちゃんブロックだった。西島のちょくちょく入る西子がマジ西子←。名古屋では「もーいっかい!」が聴けてうれしかった。

13.ハリケーン・リリ ボストン・マリ
けっこう早めに来たリリマリ。お客さんへのあおりで「ジャン!」って叫んでジャンプする千晃が超可愛くて毎回悶えてる。このツアーでは特に直也くんがこの曲 超楽しそうだったなあ。
会場の上から下までタオルをぶん回して、メンバーが走り回るのは10年経っても変わらないね。ラストサビ前の「ご一緒に、それ!」は会場でとDVDでも叫んじゃうよね。

14.Eighth Wonder
サスペンションライトに7色とパート割りのペアを混ぜて、曲前の音にEo,Eo,が混ざりこんでたのは気づいたよ。8周年の記念曲だったけど男メンが皆して眼鏡やグラサンをしだしたのはこの辺りからな気がする。演出もかっこいいし、メンバー皆がかなり色気を出しているだから、ジャニーズが好きな人には是非1度見てほしい。
スタ1の時は目の前に秀太が上がって来て、ペンラしか持ってない自分に指をさしてきた時は心臓が止まった。まわりがみんな完全な西島推しだったからアレは私だったと信じてる(偶然ピンクのタオルを引き当て、ピンク×黒の秀太カラー着てた)。

15.I'll be there
この曲のイントロが入った瞬間、これはEWからのかっこいいメインなんだなと理解。宇野ちゃんのスカートのスリットが超セクシー。英語多めだし、よく聴くとかなり攻めた曲だから、コレは今の彼らだから歌える曲だと思った。
ついに、與さんがダボダボしてる服でセンターで踊る日が来たよ…(感涙)
ラストのにっしーの声が凄く甘いのも、とても良い。

16.GAME OVER
みんな弾けすぎだし、みんな脱ぎすぎだよ。脱ぎすぎだけど、そのおかげで與さんの腹筋を拝めました、ありがとうございます。女メンの「ファイッ!」が可愛すぎるし、殴られるのがリーダーの直也くんなところも良いし、そもそも直也くんのリアクションが芸人枠すぎて面白い。

17.PARTY IT UP
この曲はライブ用に作られたシングルだと思ってる。秀太がこの曲で振り切れすぎてて、名古屋でもかっこよかったけど武道館でもかっこよかった。そんな秀太の「お前ら聴かせろ!」が好きです。あっあっあーっ!
そして、最後の高音パートを直也くんに与えてくれたからかなり安定感がある。リーダーは、ボルテージが上がったまんまラストに持っていくのが上手いよね。

18.さよならの前に
この空間から「さよならの前に」彼らが伝えたかったのは何だろうなってペンラも振らないで両日とも考えてた。10年走り続けてきた彼らが得たものは何だろうなって思ってた。考え抜いた結果、この曲は7人が今いる環境に宛てた手紙なのかなあ、と。もちろん曲としてはそんなんじゃないんだけど、なんか、そういう風にしか聴こえなかった。


EC1.V.O.L.
ここで来たよV.O.L.!しかもアリトロやんか!ペアの組み合わせ最高かよ!
秀太の涙シールに神山さんみを感じて墓を建て、真ちゃんのボイスに殺られ、だっちゃきの可愛さは名古屋も武道館も有り余ってました。だっちゃんだってメロ歌うんだよ!ラップだけじゃないんだよ!
最後に写真を撮るところも可愛かったなー!

EC2.Brood on fire
写真から延長させて過去を遡る映像が大好きだし、何よりちゃんと8人のジャケ写をデカく映してくれた時、名古屋の私の涙腺は両日とも崩壊しました。さらに映像は7人の応募写真と1st ATTACK。ゆかりん超映ってた。立ち見の時なんか目の前にその映像だった。
あの頃はまだストリートからデビューしたてで、ライブも渋谷AXだったのに、今じゃアリーナ会場のチケットもなかなか取れないからね。10年応援してて良かったなあと思う。

EC3.Wake up!
そんな10年後を迎えて、自分たちのルートはちゃんと自分たちで切り開くんだろうなとわかったし、この曲はメンバーが楽しそうなのが1番うれしい。とくにあた末が楽しそう。
ただ、お客さんは、この曲はペンラじゃなくて素手を振り回したほうが絶対に楽しいと思ってる(テンポが難しいからペンラの動きがバラつくのである)。

EC4.虹
この曲が発売されてから、ライブの本当のラストにこの曲を持ってくるのは最近よくあるけど、それだけメッセージが強いと思う。それぞれのパートがたぶんそれぞれの歴史なのかなあと思わせられる。なのに、わりと珍しいペアで構成されてるのも良い。1番上から見たペンラの色は、本当に七色の虹だったし、白のサスペンションライトは これまで歩いてきた時間の色なんだろうなとDVDを見て改めて思った。


…あとね、DVDにはならなかったけど、スタ1のとき、最後のアリトロ周回で秀太に再び見つけられて、ピンクのタオルとピンク×黒の服指差して「俺だよね!」ってされた。

…そう、今回のツアーは、私の中で、とにかく秀太が凄かった。グループとしても進化は実感していたのだけど、どうしたんだ 何があったんだ…ってくらい、今回は、末吉秀太の進化を見せつけられた気がする。






…と、長々と書いてみたが、ファンと呼ばれる人にとって時間と呼ばれるものは本当にあっという間なのかもしれない。
もちろん活動している間にたくさんのファンがいて、いわゆるファン歴なんかも皆バラバラで。だけど、共通して「好きなもの」が在るから、こうして一緒に楽しめる空間があるんだろうなと思う。



今年の彼らの空間は、どんなものなのか。今からとても楽しみだ。









ノシ










本当のところはなんでもいいという答えが1番欲しがっていたモノかもしれない。



「どうでもいい」と言われてしまうことが、どうもこの世界では暴れ回っているらしい。


人間には、喜怒哀楽では表現できないような、無数の感情というヤツが、初めからきちんと備わっている。それによって、きっと、どんな状態になろうとも、自分は自分だということを教えてくれるのだろう。だから、その感情達に対して、「やさぐれてはいけない」と思うことで、自分を奮い立たせるのかもしれない。


…けど、どうにもならないことだってあるんだ、きっと。


だから私はスーパーで「限定出荷」という宣伝がついた ラス1の缶チューハイを買ったんだと思う(勿論、私は成人済みである)し。

だから私は夜中にその缶とともにライブDVDでも見ようと思ったんだと思うし。

そんなことを思いながら、結局、ソレを飲むのはまた今度の機会にとっておこうと思ったのかもしれない。


だけど、それでいい。それでいいのだよ。


自分の置かれたところで、自分の人生という名のサバイバルゲームを生き延びるしか、この世界で生きる方法はないのだと思う。






もしかしたら今月で唯一になるかもしれない、「ほとんど予定がない日」が終わりに差し掛かっている。

ドM体質でもないし、むしろゴロゴロと何もしないでいたいし、手帳の中を真っ黒にしたくもない。ただ、私は、休んではいけないという罪悪感でシフトを考え、お昼ごはんはおにぎり2個を遅くても5分で飲み込んで仕事に戻るという人間になってしまったようだ。


何かに追われるって、こわいね。

何かに神経を使うことって、つらいね。


学生最年長だよ、最年長1人しかいないんだよ、人いないんだからね。…そんな言葉を何度聞いたことだろう。最年長だからって何でも出来るわけではないし、むしろ歴代の最年長の人たちと比べてしまったら何も出来ない最年長である。だけど、神経だけはパンプスのヒールのようにすり減って、どうも首のあたりが苦しくなるから。


でも、空からお金は降ってこない。どんなに願っても降ってくるのは雨と雪…消えてしまうものだ。


だから、とりあえず。とりあえずだけど、もう少しだけは、やるしかない。


ただ、その日のうちに自分の神経を再生させられるくらいに、人生を考えようと思う。













ノシ













塗り替えられて上書きされるモノだしそのまま残るモノでもあるから、人生って良いモノなのかもね。




"オタク"や"ファン"という単語には、いろんな意味が込められていると思う。その意味は人それぞれ違って十人十色なのが当たり前で、でもそのどこかに少しずつ共通するものがあるんだと思う。


私がこのアカウントを作る前に存在していた、いわゆる"オタアカ"と呼ばれるソレで学んだ答えは、「オタクという人=ひとつの事柄に対して、義務や任務、犠牲といった たくさんのモノを背負う」ということだった。それが派生したひとつひとつの感情に対して一種のギャップを感じ、アカウントを削除してしまったわけなのだが、その決断に至るまでに過ぎ去った過去のメモリーカードのファイルの「全て」は読み込む必要は 今は無い気がするし、きっと読み込めたときには 私は笑えているんだと思う。

ただ、あのときは、身体にも心にも、次に刺さるナイフの隙間はどこにも無かった上に、刺さったこのナイフたちを誰か抜いてくれ、とも言えなかった。だって、私は、いわゆる「一途」という言葉で変換される人間ではないからだ。
ただ"すき"なだけなのに、それは「違法行為」として認知されていて。私はそれが辛かったし、苦しかったし、悔しかった。


そんな人間がなんでこういったアカウントを再び作ったのかというと、まあいろんなことがあったのだが。
ソレを一言でいうなら、「我慢したってすきなことに変わりはない」「人間なんだから生きてりゃその日々がある」「選んだ答えとイコールは繋がらない」という感情に辿り着いたからである。他人からどんだけ嫌いと言われようが"違法"と言われようが、彼らと彼らの仲間がすきなわけで…というより、どのジャンルにおいても"嫌い"なひとがあまりいないわけで。また、そんな人間でも日々の出来事や生活の優先順位があるわけで。それが「私」という人間なのだ、という答えが出たのである。

そして、この答えを理解してくださる人と出会えた事が、私にとってかなり大きい。こんなやつ、きっと異色な存在なのに。本当に、感謝しかない。


現在の、情報として流れ出るモノは、どうも心を痛くさせるために造られているらしい。悪目立ちはウイルスのごとく瞬く間に広がってしまう。そしてそれに怯え、呆れ、"ファン"としての価値を"下げられる"。
しかし、ソレらが真っ先に流れ出てしまうがために、本来広がってゆくべきものがダムで堰き止められているのも現実だと感じる。その光景に出会ったり知ったりするからこそ、ファンでいることが悪いことばかりじゃないと私は思う。広がるべきことがちゃんと広がるために、ひとつひとつ 自分の行動には責任を持たなければならないんだということを深く実感している。例えば、整列乗車とか、ゴミの処理とか…もしかしたらそんな「誰も気に留めないのかもしれない小さなこと」から「コツコツと」始めるべきなのだろうなと、改めて思う。










ノシ
















2015年を現場も含めて纏めてみようのコーナー 〜下半期編〜





前回は上半期編を勝手に綴ったが、このまま終わるわけにもいかないので、今回は下半期を手帳と日記を片手に長々と書いていこうと思う。








*7月
・THE MUSIC DAY
・テストと課題に追われる

とりあえず一言、Perfumeかわいい(滝涙で絶叫)
…ごほん。
というわけで、語りだすときっとものすごく長くなるのでメドレーだけを語ろうと思う。
相葉くんはやはり白衣装が似合う。しかもここに来てBIRTH。かっこいいの塊でしかない。
神山くん…の前に、ニノちゃん。あざとい。あざといよ。ウィークエンダーだよ?ラストであんな笑顔はさ?アナタ本当あざとすぎるよ?
そして、神山くん。あの動きは神山くんにしか出来ないと思う。首も指先も肩も。イッツア神ちゃんワールド(語彙力が行方不明)。とても良い。好きです(やはり語彙力がない)。


*8月
・じ っ し ゅ う お つ か れ

twitterでも言っていなかったが、さりげなく、実習として とある現場に入っていた。詳しいことは言わないでおく。うむ、おつかれ、自分。


*9月
・AAA 10th Anniversary Live

悔しくてたまらなかった5年前。あれから5年。代々木で見た彼らは、10年経って変わったのかもしれないし、変わらないのかもしれない。AAAは8人であり7人である事は変わらないし、これからも変わらないでいてほしいと願う。


*10月
・いろいろと追われる。殺られる。以上。


*11月
・Japonism
・MORSE

Japonism。落選したためJaponism自体にはどの公演にも入らなかったのだが、会場限定グッズがマスキングテープと聞き、これはゲットせねばととりあえずドームに向かう。自分が買った後すぐに完売アナウンスがあったらしく、鳥肌が立つ(これ、マジな話)。会いたかった人と互いにすっぴんでいろんな話をしながら一緒にうどんを食べるという快挙を成し遂げたり、唯一の「同郷仲間」と久しぶりの再会を果たす。

MORSE。それまでにいろんなことがあって精神的に殺られていて。あのタイミングがなかったら、もしかしたら行っていなかったかもしれない。日本にいると考えつかない意識や感覚…それが海外が原作の作品の視点の面白さだと思う。ゆっくりじっくり考えるので噛み砕くのに本当に時間がかかり、実はまだ噛み砕いている途中だったりするのだが、そんな要素をまだしばらく噛み砕き続けていこうと思う。


*12月

1ヶ月以上続いた咳の結果、咳喘息とアレルギー喘息を半々に待ち合わせることになる。現在シムビコートが相棒だが、最近ようやく落ち着いてきたのでこのまま気長に付き合うことにする。どのアーティストの現場もなかったのが唯一の救いかもしれない。ひたすらにテレビ前アリーナ最前列。









…と、こうしてダラダラと2015年を纏めてみたが、「今年」がどうだったかと聞かれると答えに困る。基本的に今この瞬間しか生きていないし、年越ししたらすぐに誕生日なこともあって、「1年」という感覚が少しズレているような気もする。
ただ、今年は東日本に行くことが多かった。この経験は私の中でかなり大きい。


というわけで、2015年の残りの日も片手で数えられるようになってしまった。その日々を私は精いっぱい生きて、2016年に向かいたいと思う。










ノシ













2015年を現場も含めて纏めてみようのコーナー 〜上半期編〜





2015年も残り10日を切ってしまった。きっといつでも同じように時計の針は動いていると思うのだが、どうも体内時計は予定より早く回るように出来ているみたいだ。というわけで、今回は手帳と日記を片手に、私にとっての2015年の上半期を考えてみようと思う。








*1月
・吹雪の中バイト
フィギュアスケートフェスティバル
・成人式を迎える
・テストと課題に追われる


新年早々に吹雪だった2015年。めぇに全滅したのでとりあえず年末年始はバイトしまくっていた。セールと帰省がカブる駅ビルの喫茶店はまじやばい。あたふた。てんやわんや。

スケートは名古屋の小さなアイスショー。特別ゲストは安藤美姫さん、あとは本郷理華選手や村上佳菜子選手、宇野昌磨選手とか、東海のノービスやジュニアの選手が来ていたのだが、演技を見ながらいろいろと考えさせられたし、小さい頃から見てきた選手がそこにいて、親的感覚にもなった←

成人式は、誕生日が来てないから正式には成人していなかったのだが、こうして式を迎えて不思議な感覚になった。転居の関係でどこの式と同窓会に行くか悩み、結局、住んでいる時間が1番長い所に行ったのだが、それで正解だったと思う。なおこの時期の私は、髪色がMAX明るい期で写メによっては金髪にも見える、"やんちゃ期"だった。

その後は、課題とテストの日々。東京に行っている時間がないと判断したので、舞台はチケットの時点で頭から消えてましたごめんなさい。


*2月
・はたちになる
・横浜〜宮城〜山形〜東京の旅
・足をやらかす(1回目)
VS嵐ありがとう


リトラのマチイチを見ながら誕生日を迎える(コロッケパン美味しそうやな〜と思ってたら誕生日だった)。

はたちになったということで、2泊3日で、横浜の友達に会う→宮城に帰る→山形の相方に会う→東京経由で帰るという我ながらハードな旅を決行。ちなみに2日とも友達が家に泊めてくれたので宿泊費は¥0な上、横浜に行くときと東京から帰るときの交通手段はバスにしたので交通費もトータル3万円くらいの格安旅。泊めてくれた子たちには本当に感謝しかない。
この旅で宮城に帰れたことは私にとって かなり大きかった。その日は仙石線もまだ再開していなかったし、何せドンピシャで雪の日に行ったので、行きたかった場所も全部は行けなかったのだが、私にとって宮城が大事な場所なことに変わりはないし、また帰りたいと思う。

足は…簡単に言えば階段を踏み外して転けたのだが、転け方を失敗したのか、足首が補整器具装着生活になるというオチであった。オトナと呼ばれる年代に突入して早々に、リハビリを含めて半年ほど整形外科にお世話になるという…やらかしたやつである。

そしてそして、2月はVS嵐。正直びっくりを通り越して「( ゚д゚)ファッ?!」のような顔だったのだが。はい、永久保存です。
コロコロスイーパーにいたっては今でもたまに見返したりもする。カメラさんも編集さんも抜いてくれてありがとうございます。同じコーナーに出るのも確率的になかなかないのに、まさか正面衝突すると思わないじゃないか。本当に、感謝感激雨嵐。
思えば、この後、相葉くんと流星くんは月9の共演もあったわけだから…人生、何があるかわからないものである。


*3月
・BLOOD Brothers


当時のリヴァプールのことや世界情勢も自分なりに調べて。どうしても行きたかったから、足を若干引きずって久しぶりの大阪へ。
行ってよかった。
いろんなところでいろんなことを思った。上手な言葉が見つからないのが悔しいが、言葉遣いから身なり、指先や目線まで、瞬間瞬間の要素がストーリーで繋がっていく感覚。何より、「講演会を聞きに来た人」という瞬間的な感覚は忘れられない。ありがとう。
…ちなみにその日は関西ジュニアのとある3人が見学に来ていて、春コンに行かなかった私は、その中のとある子は、あの場所が最後に見た姿だったことが、少し胸に残る部分でもある。


*4月
・リハビリを本格始動、バイト復帰
・黒染めをする


とある資格試験の勉強をしながら、1ヶ月後に控えたライブ月間のために足のリハビリという名の筋トレを本格的に開始。病院のお金も必要だし、いつまでも休んでられなかったからバイトもレギュラー復帰。しかし試験には落ちるわ足はなかなか治らないわでちょっと荒れる。荒れたから黒染めして心機一転。実習登録のための写真も黒染めした後という"一見 真面目っ子"になる。


*5月
・パリピポ
・Cirque de Minuite


パリピポ。BBは行ったけど、それまでの現場には行けなかったので、実はジャニーズWESTとしては初めての現場だった。しかも、関西か東海が主体の私が関東会場、さらには横アリ最終公演。グッズ列の時間のことも聞いていたし、とりあえず始発の新幹線に乗った。そこで、後ろに並んでた人と仲良くなったり(しかも地元が近くて乗っていた新幹線も同じだった)、会いたかった人にも会えて。彼らはちゃんと生きていて。現場に1人で行くことが多い私にとって、人生初の横アリはかなり濃い時間を過ごせたと思う。

Cirque de Minuite。彼女と一座の世界が、ちゃんと在った。私の、ステージや舞台に対する考え方を作ってくれた人の空間で、人生で初めて、その空間の中で涙が止まらなかった。劣化していると言われようが、私は多分ずっと彼女がすきなんだと思う。

ATTACK ALL AROUND。10年って早い。デビューからそんなに経っていたのかと、ステージを見ながら思った。彼らの通ってきた10年、8人であり7人の彼らの10年。いろんなことを考えた。
そして、どの構成でも、ガイシは本当にどこでも見える。建物自体に縦幅がないから、立ち見でも全然見えるのがガイシの特徴。


*6月
・Leo Ieiri -20-
・Les Misérables


20。デビューした時からチェックしている家入レオちゃん。気づけば彼女の現場も3回目だったのだが、音楽や何かに対してストレートな詞をぶつけてくる彼女の作る空間は、オーディエンスとの「ぶつけ合いの場」だなあと改めて思った。男の子も女の子も世代を問わずにひたすらに彼女と音楽にぶつけ合える空間。今回も彼女はたくさんぶつけてくれたし、また自分もぶつけたつもりである。

Les Misérables。ずっと観たかった舞台。今回のエポニーヌ役の4人のうちの1人がBBのリンダでお馴染みの昆夏美さんだったのだが、偶然、自分が行った回のエポニーヌが彼女で。私は映画や原作の頃からエポニーヌが好きで、また昆さんのことはBBの前から知っていたのだが…言葉で言うなら、「彼女はエポニーヌだった」。感情が入り込みすぎて ずっと我慢していた涙は、最後の「民衆の歌」の頃には止まらなかった。素敵な舞台に出逢えたと思う。







…と、上半期を長々と書いてみたのだが、きっと私は下半期も長々と書くのだろう。戻りたいとは思わないけど、振り返ることはする。そして次へと進むのが私だと思うから。











ノシ












想像力を勝手に膨らませた結果、こんな感じになりました。





ジャニーズWEST 2ndフルアルバム、「ラッキィィィィィィィ7」。私は初回盤だけを買った。というのも、ジャニーズに限らず、普段ほとんどシングルはレンタルのことが多いし(もちろんCDによっては買う事もある)、アルバムの場合は初回盤は買うが通常盤はほぼ買わないor通常盤のみ買う人…つまり「売り上げに貢献しない人」なのである。初動枚数と売上枚数が結果として残される時代に、彼らをすきだと言ってる人間が何をやってるんだ・通常盤も一緒に買えや・てかフラゲするか発売日に買うか受け取れや!と三大言葉を言われてしまう気がして怖かったりする。だから先に声を大にして言う。



こんなヤツでごめんなさい!!!!



というわけで私の耳は まだ初回盤の曲しか聴いていないのだが、とりあえずそれを聴いた私の感想として一言目に挙げるとするならば。

これはツッコミどころ満載なモノをぶち込んできた。

という言葉である。

もはやどこから突っ込もうか。 ど頭から最後までいろいろ突っ込みたいが、とりあえず2曲を選んだので、それらについて長々と書こうかと思う。
なおこれはあくまでも私の個人的感情であり勝手なストーリーでもあり、ネタバレもあると思うので、それらが好きではない方はここで画面を閉じていただけるとありがたい。

























個人的に現時点で私がピシャリとハマったアルバム曲は、ホルモンとEternal。この2つは聴く前から勝手にかなり期待していた。ホルモンはメンバーのほぼ全員が推してた気がするけど、絶対楽しい曲だと思っていて。EternalはCan't stop〜Criminalからの…という感じだと風の噂で耳にしていたので、三部作キター!やべーキター!と、聴いてもいないのに勝手にひとりで沸いていた。

いやー、すきだわ。ドンピシャ。

まずはホルモン。
ホールモンっ関西に伝わりしダイヤモンっ。
…って、いやー、楽しすぎかよ。ワッショイ!とか、楽しすぎかよ。

でも聴いていくと、「大器晩成」とか「放るもん」とか…なんだか、彼らのことを例えてるというか。タンやカルビやハラミ…といった、まあいわゆる「花形」の立場に居るのは、申し訳ないのだけど、彼らの「先輩」の方々のことかなあ、と思ったりした。
また、ホルモンというのは飲み込みにくいものもあって(実際私もホルモンは飲み込めないのであまり得意ではない)。いくら関西としてお笑い担当と言われていても、彼らの「ジャニーズアイドル」という「仕事」は、全員に好かれるわけではない。仮にアイドルでなくても、どの世界にいても、人間には好き嫌いが分かれるのが、残念ながら現実なのだ。
そんな「ホルモンの立場」でも、好かれた人には好かれ続けていたいし、好かれ続けるように努力する・俺らはまだまだこんなんじゃねえぞ・俺らの魅力、伝わってねえな?覚悟しとけ?7人でやったるで?…っていう彼らの感情はもちろん、てっぺん取るために無駄なことはないし、王道ばかりじゃない・俺らは俺らの色を出すぜ?攻めてくかんな?…みたいな感情も入り混じっているような気がしてならなくて。ある意味、聴く人に対して挑戦状的な曲だと思った。嵐で言うなら、「cool&soul」みたいな。ああー、正しい言葉が出てこない。が、そんな印象を受けた。


Eternalは、コンサートでフルで聴きたい。カットは嫌だ。と、強く思った。
Can't stop〜Criminalと続いてきた、とあるストーカー男(だったよね?)の、曲がっていて真っ直ぐな愛の話。
私は、Eternalを聴く前からCan't stop〜Criminalの中で時折出てくる、女声のような、メンバーの声ではない声に重きを置いていた。
弾けた音から始まる男の愛のストーリーはあくまでも妄想であり、薬指の指輪はきっと愛してしまった現実世界の女の、現実のシロモノ。愛は叶わないわけがないと叫ぶのは、たぶん、男だけ。まあつまり、一方通行な愛でしかない。愛がゆえに彼女を自分の世界に連れ去っても、それはきっとすべてが妄想で。そして、「Dream…」と呼ぶ、ここは夢だと伝えている現実世界の女の声が、きっと男にも聴こえていて(私にはCriminalのBメロでDream…と聴こえるところがある)。なのに、自分の感情がそれを遮って…もしかしたら、ある意味で「夢と現実の区別がつかなくなるほど変わってしまった」男がいたのかもしれない。
そんな男の妄想の成れの果て…それが、Eternalなのかな、と。そんなことを思ったのである。

目に見えるものが「思い出色」として挙げられるセピア色に変わりつつあるストーリー。
「永遠」と「終わり」や「刹那」と「永遠」という、矛盾の表現。
そして、闇の中にいた自分が夜明けを迎えるという、終わり。それは、きっと男の中では綺麗なモノ。
それでも、頭の中で分かりきっていても、世界中が敵になっても、ひとりの女への愛を止められないし終わらせたくない、男の心からの本音。だって自分が見つけた輝きはその女であり、自分のすべてなのだから。

ラストサビに入る前の英語を聴き取るには私には至難の技で、神山くんのところですら
You're my everything,so baby love me sight.ーあなたは僕の全て、だからきみも僕の見えるところで愛していて…
という感じにしか聴こえていないのが悔しい。なんなら本人にどう言っているのか聞きたいところでもある。
そして、ラストサビまでは妄想の中にいるが、ラストサビ直前の桐山くんの声が現実世界へ引き戻し、ラストサビは現実に戻って我にかえる、「終わりを迎えた男」の、「終わってしまった愛」への嘆きというか、懺悔というか。「君がいないと、ココは永遠に暗闇の中だ」と、光を見失った現実の海に溺れ死ぬ、ストーカー男のオワリ……というストーリーが私の中で出来上がったのである。
わあ、長っ!長すぎるよ!重いよ!怖いよ!

でも、こんな三部作をデビュー2年目のグループが歌うということは、私の中ではかなり衝撃が大きかったりする。Eternalはコンサートではそれまでの2曲と同様、ダンスナンバーになると私は思っている。その中で彼らの愛の形というかストーリーが見たいし、私の場合のストーリーを描かせてくれてありがとう、ジャニーズWESTという状態なのが、Eternalを聴いた今の私である。



…と、長々と語ったが、その他にもツッコミどころがある。本当はそれも長々と書きたいところだし、ユニット曲を聴いたらそれでも書きたいところだが、書き出すと止まらなくなりそうなので、今回はこれにて、おーしまいっ!…ということにして、また気が向いたら書こうと思う。まあ、気が向くかはわからないけど。







ノシ