読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年を現場も含めて纏めてみようのコーナー 〜上半期編〜





2015年も残り10日を切ってしまった。きっといつでも同じように時計の針は動いていると思うのだが、どうも体内時計は予定より早く回るように出来ているみたいだ。というわけで、今回は手帳と日記を片手に、私にとっての2015年の上半期を考えてみようと思う。








*1月
・吹雪の中バイト
フィギュアスケートフェスティバル
・成人式を迎える
・テストと課題に追われる


新年早々に吹雪だった2015年。めぇに全滅したのでとりあえず年末年始はバイトしまくっていた。セールと帰省がカブる駅ビルの喫茶店はまじやばい。あたふた。てんやわんや。

スケートは名古屋の小さなアイスショー。特別ゲストは安藤美姫さん、あとは本郷理華選手や村上佳菜子選手、宇野昌磨選手とか、東海のノービスやジュニアの選手が来ていたのだが、演技を見ながらいろいろと考えさせられたし、小さい頃から見てきた選手がそこにいて、親的感覚にもなった←

成人式は、誕生日が来てないから正式には成人していなかったのだが、こうして式を迎えて不思議な感覚になった。転居の関係でどこの式と同窓会に行くか悩み、結局、住んでいる時間が1番長い所に行ったのだが、それで正解だったと思う。なおこの時期の私は、髪色がMAX明るい期で写メによっては金髪にも見える、"やんちゃ期"だった。

その後は、課題とテストの日々。東京に行っている時間がないと判断したので、舞台はチケットの時点で頭から消えてましたごめんなさい。


*2月
・はたちになる
・横浜〜宮城〜山形〜東京の旅
・足をやらかす(1回目)
VS嵐ありがとう


リトラのマチイチを見ながら誕生日を迎える(コロッケパン美味しそうやな〜と思ってたら誕生日だった)。

はたちになったということで、2泊3日で、横浜の友達に会う→宮城に帰る→山形の相方に会う→東京経由で帰るという我ながらハードな旅を決行。ちなみに2日とも友達が家に泊めてくれたので宿泊費は¥0な上、横浜に行くときと東京から帰るときの交通手段はバスにしたので交通費もトータル3万円くらいの格安旅。泊めてくれた子たちには本当に感謝しかない。
この旅で宮城に帰れたことは私にとって かなり大きかった。その日は仙石線もまだ再開していなかったし、何せドンピシャで雪の日に行ったので、行きたかった場所も全部は行けなかったのだが、私にとって宮城が大事な場所なことに変わりはないし、また帰りたいと思う。

足は…簡単に言えば階段を踏み外して転けたのだが、転け方を失敗したのか、足首が補整器具装着生活になるというオチであった。オトナと呼ばれる年代に突入して早々に、リハビリを含めて半年ほど整形外科にお世話になるという…やらかしたやつである。

そしてそして、2月はVS嵐。正直びっくりを通り越して「( ゚д゚)ファッ?!」のような顔だったのだが。はい、永久保存です。
コロコロスイーパーにいたっては今でもたまに見返したりもする。カメラさんも編集さんも抜いてくれてありがとうございます。同じコーナーに出るのも確率的になかなかないのに、まさか正面衝突すると思わないじゃないか。本当に、感謝感激雨嵐。
思えば、この後、相葉くんと流星くんは月9の共演もあったわけだから…人生、何があるかわからないものである。


*3月
・BLOOD Brothers


当時のリヴァプールのことや世界情勢も自分なりに調べて。どうしても行きたかったから、足を若干引きずって久しぶりの大阪へ。
行ってよかった。
いろんなところでいろんなことを思った。上手な言葉が見つからないのが悔しいが、言葉遣いから身なり、指先や目線まで、瞬間瞬間の要素がストーリーで繋がっていく感覚。何より、「講演会を聞きに来た人」という瞬間的な感覚は忘れられない。ありがとう。
…ちなみにその日は関西ジュニアのとある3人が見学に来ていて、春コンに行かなかった私は、その中のとある子は、あの場所が最後に見た姿だったことが、少し胸に残る部分でもある。


*4月
・リハビリを本格始動、バイト復帰
・黒染めをする


とある資格試験の勉強をしながら、1ヶ月後に控えたライブ月間のために足のリハビリという名の筋トレを本格的に開始。病院のお金も必要だし、いつまでも休んでられなかったからバイトもレギュラー復帰。しかし試験には落ちるわ足はなかなか治らないわでちょっと荒れる。荒れたから黒染めして心機一転。実習登録のための写真も黒染めした後という"一見 真面目っ子"になる。


*5月
・パリピポ
・Cirque de Minuite


パリピポ。BBは行ったけど、それまでの現場には行けなかったので、実はジャニーズWESTとしては初めての現場だった。しかも、関西か東海が主体の私が関東会場、さらには横アリ最終公演。グッズ列の時間のことも聞いていたし、とりあえず始発の新幹線に乗った。そこで、後ろに並んでた人と仲良くなったり(しかも地元が近くて乗っていた新幹線も同じだった)、会いたかった人にも会えて。彼らはちゃんと生きていて。現場に1人で行くことが多い私にとって、人生初の横アリはかなり濃い時間を過ごせたと思う。

Cirque de Minuite。彼女と一座の世界が、ちゃんと在った。私の、ステージや舞台に対する考え方を作ってくれた人の空間で、人生で初めて、その空間の中で涙が止まらなかった。劣化していると言われようが、私は多分ずっと彼女がすきなんだと思う。

ATTACK ALL AROUND。10年って早い。デビューからそんなに経っていたのかと、ステージを見ながら思った。彼らの通ってきた10年、8人であり7人の彼らの10年。いろんなことを考えた。
そして、どの構成でも、ガイシは本当にどこでも見える。建物自体に縦幅がないから、立ち見でも全然見えるのがガイシの特徴。


*6月
・Leo Ieiri -20-
・Les Misérables


20。デビューした時からチェックしている家入レオちゃん。気づけば彼女の現場も3回目だったのだが、音楽や何かに対してストレートな詞をぶつけてくる彼女の作る空間は、オーディエンスとの「ぶつけ合いの場」だなあと改めて思った。男の子も女の子も世代を問わずにひたすらに彼女と音楽にぶつけ合える空間。今回も彼女はたくさんぶつけてくれたし、また自分もぶつけたつもりである。

Les Misérables。ずっと観たかった舞台。今回のエポニーヌ役の4人のうちの1人がBBのリンダでお馴染みの昆夏美さんだったのだが、偶然、自分が行った回のエポニーヌが彼女で。私は映画や原作の頃からエポニーヌが好きで、また昆さんのことはBBの前から知っていたのだが…言葉で言うなら、「彼女はエポニーヌだった」。感情が入り込みすぎて ずっと我慢していた涙は、最後の「民衆の歌」の頃には止まらなかった。素敵な舞台に出逢えたと思う。







…と、上半期を長々と書いてみたのだが、きっと私は下半期も長々と書くのだろう。戻りたいとは思わないけど、振り返ることはする。そして次へと進むのが私だと思うから。











ノシ